« 大きく変わる、2015年就活スケジュール | トップページ | 「就活後ろ倒し」で油断してはいけない、と言うけれど①企業はどう動く? »

2014年12月 6日 (土)

就活後ろ倒しなんか、こわくない!(あるいは、リクナビの罪)

141011013
いま、メディアでは「就活後ろ倒しで、就活生には格差がつく」という記事がたくさん出て、危機感をあおっています。「不安です」という就活生の声を、私も実際に聞いています。

では、昨年度の就活生よりも、今年度の就活生のほうが不利なのでしょうか?
私は、「そんなことはない」と思っています。
141011014

就活を成功させる秘訣は、「自己分析」「企業研究」の二本柱。プレゼン能力なんて、実は大して関係ないのです。
「かつて一流企業は学校で選別して受験を受け付けていたが、リクナビで誰でも一流企業にエントリーできるようになった」と威張っている人がいますが、間違っていると思います。
141011022

141011023

141011025

141011026

141011027

141011028
誰でも、どの企業にもエントリーできる環境は、一見よいように見えますが、実際のところは有名企業に学生のエントリーが殺到するという現象をもたらしました。学生はひとりでいろいろな有名企業にエントリーするため、

自己分析と企業研究の薄いエントリーシート=志望動機の薄弱なエントリーシート

を出し続け、落ち続けていたわけです。自業自得とはいえ、これのどこが「いい環境」なのか。

企業との接触解禁まで5ヵ月弱。いま、大学では企業の説明会が行われています。自分の志望と合うのはどの企業なのか。じっくり見きわめ、これという企業の研究をコツコツやるべきです。
短期決戦の今季こそ、「的を絞って、少ない企業の受験で内定」を実現させましょう!

« 大きく変わる、2015年就活スケジュール | トップページ | 「就活後ろ倒し」で油断してはいけない、と言うけれど①企業はどう動く? »

総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大きく変わる、2015年就活スケジュール | トップページ | 「就活後ろ倒し」で油断してはいけない、と言うけれど①企業はどう動く? »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック