« 「職業人とはなにかパニック」が教えるもの | トップページ | 「辞めるか辞めないか」から就活を考える »

2013年3月15日 (金)

「どんな職業人になるか」をどう考えるか⑤その心は「コピペよけ」

「職業人とはなにか」というエントリーシートの出題で、ブログのアクセス数がものすごいことになった、というお話をしました。
ググってその結果を書いたとしても、まったく意味がありません。
この設問は「コピペよけ」だからです。

答えは、1000人応募者があったら1000通りあるのです。
仮に、同じ答えがあったら、「何かを写している」ことがバレバレです。
即座に落とされることうけあいです。
コピペされた方、残念でした。

就活生のほとんどが、職業人の経験はありません。
それが前提です。企業だってそのことはわかりきっているのです。

では、どんなことを書けばいいのか?
当たり前の話ですが、
「自分がいま、〈仕事とは何か〉についてどう考えるか」を書けばいいのです。

たとえば、アルバイトの経験が考えられますが、別に仕事でなくてもいいのです。
「自分がいままで経験してきた立場から、ものごとを見つめ、考える」力があることを伝えるべきですし、企業はそれを期待しています。

続きます。

« 「職業人とはなにかパニック」が教えるもの | トップページ | 「辞めるか辞めないか」から就活を考える »

エントリーシート(ES)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 「職業人とはなにかパニック」が教えるもの | トップページ | 「辞めるか辞めないか」から就活を考える »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック