« 「どんな職業人になるかを、どう考えるか」③「職業人とは」と「志望理由(動機)」をちゃんと分ける | トップページ | 「職業人とはなにかパニック」が教えるもの »

2013年2月18日 (月)

〈臨時更新〉「どんな職業人になるか」を、どう考えるか④「職業人」テーマの過去記事

臨時に更新します。

 先週から、このブログのアクセスが急増しており、ここ数日は倍々ゲームのような
増え方になっています。

 みなさん、「職業人」関連のワードでこのブログにたどり着かれています。

 これから、〈「どんな職業人になるか」を、どう考えるか〉について更新していく
予定ですが、
 この言葉を検索してたどり着いているからには、エントリーシートに書かねばならず、
ということは、締切もあるのだろうな、と思うわけです。更新を待っていられない人も
おられるでしょう。

■検索で見落とされている「職業人」の記事
 実は、就活にあたって「どんな職業人になるかを考えるべき」というのは、もともと
私が重要だと考えていたこと、一昨年の2011年に、すでに記事としてまとめていました。
 しかし、Niftyが提供するアクセス解析を見ると、最近、アクセス自体はすごく多い
のに、参考になるはずの記事、いま、みなさんが見たいだろう記事にアクセスが
ほとんどないのです。

 これが、まさに〈Googleだのみの落とし穴〉です。
 Googleに検索語を入れただけでは、調べたことにならないのです。

 就活における検索の光と影、というテーマも興味深いのですが、
 ともかく、時間がない人のために、過去記事のリンクをご紹介します。
 平凡社新書『1点差で勝ち抜く就活術』には、さらに詳しく、わかりやすく
「どんな職業人となるか」を考えるための自己分析の方法についてご紹介していますので、
こちらもどうぞ。

 今後、さらに新しい、「職業人とは」に絞り込んだ新規記事を更新していきます。

■「どんな職業人になりたいか」過去記事へのリンク
「通るエントリーシート」を書く① 恐ろしい「ES同一病」

「通るエントリーシート」を書く② 必勝エントリーシートの構造とは その①

「通るエントリーシート」を書く③ 必勝エントリーシートの構造とは その②

「通るエントリーシート」を書く④ 自己分析はシンプルに、深く。

「通るエントリーシート」を書く⑤ 自己分析の深め方

「通るエントリーシート」を書く⑥ 「弱み」が、実は強みになる

通るエントリーシートを書く⑦ 体験をどこまで書くか

« 「どんな職業人になるかを、どう考えるか」③「職業人とは」と「志望理由(動機)」をちゃんと分ける | トップページ | 「職業人とはなにかパニック」が教えるもの »

エントリーシート(ES)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52495/56788839

この記事へのトラックバック一覧です: 〈臨時更新〉「どんな職業人になるか」を、どう考えるか④「職業人」テーマの過去記事:

« 「どんな職業人になるかを、どう考えるか」③「職業人とは」と「志望理由(動機)」をちゃんと分ける | トップページ | 「職業人とはなにかパニック」が教えるもの »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック