« 『ONE PIECE』のルフィから学ぶ就活術 | トップページ | 自己分析①「何を選ぶか」という問題 »

2012年12月31日 (月)

自己分析にかんする2つの問題について

今年もおしつまりました。つかの間の正月休みです。
慣れない就活で疲れが出ているかも知れません。休んでください。

さて、この機会に見直していただきたいと思うのが、「自己分析」です。
就活の基本の基本であることは、誰でもおわかりだと思います。
でも、どうも、みなさんには苦手意識があるようです。

平凡社新書『1点差で勝ち抜く就活術』を刊行してから、私にご連絡をくださる学生さんは数十人のオーダーになろうとしており、そのうち十人以上の方々と直接お目にかかってお話ししています。
ありがとうございます。

いろいろお話しているとだんだん問題が絞り込まれてきて、
「結局は自己分析をどうするかが、就活を左右する問題ではないか」
と私は考えるようになりました。

前から就活生のエントリーシートを見ていて思っていたことがあります。本を出してからいろいろな大学の就活生と会い、エントリーシートを見るようになっても、全く同じ傾向なのだとわかりました。

それは、「アピールに表れる自己分析が的外れである」ということです。
実は、これは誰でも、例外なく最初はそうなのです。

びっくりするでしょう。
なぜそういうことになるか、次回お話しします。

« 『ONE PIECE』のルフィから学ぶ就活術 | トップページ | 自己分析①「何を選ぶか」という問題 »

総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52495/56433562

この記事へのトラックバック一覧です: 自己分析にかんする2つの問題について:

« 『ONE PIECE』のルフィから学ぶ就活術 | トップページ | 自己分析①「何を選ぶか」という問題 »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック