« まだ内定が出ない人の緊急総点検⑧「最後の壁と最初の壁」 | トップページ | 自分を直視する勇気が、内定につながる——平凡社新書『1点差で勝ち抜く就活術』刊行にあたって »

2012年10月14日 (日)

まだ内定が出ない人の緊急総点検⑨まだ「最初の壁」に当たっている人はどうする

R0011312

今回は、何も手がかりもなく、面接に落ち続ける人の問題を取り上げます。それは、まだ「最初の壁」に当たって苦しんでいる、ということを意味します。

就活も長期化して、何の手がかりもなく落とされているのは苦しいと思います。
前回取り上げた、「最後の壁」に当たっている人も苦しいのですが、 一応は企業担当者とのコミュニケーションもできていますから、焦りはするでしょうが、「どこから手をつけたらいいのか」という悩みとは少々異なるでしょう。

「最初の壁」に当たって苦しんでいる人、
これらの人びとは、まず基本的なところをチェックする必要があります。

■面接の「最初の壁」はコミュニケーションに注意
たとえば、エントリーシートは通るのに、面接はダメという人。企業の担当者と、きちんとコミュニケーションがとれているかをチェックする必要があります。要するに、
「面接の時間内に、ちゃんと相手と話ができているのか?」
ということをもう一度見る必要があるわけです。

エントリーシートがどこの会社でも通り、面接に進むことができる水準になっているならば、自己PRと志望動機は通過する水準を満たしていると一応考えられます。

そうすると、面接で先に進めない理由は、
「面接での受け応えに問題があるのではないか」
というところに絞り込まれるはずです。

企業担当者との会話は、きちんと成り立っているでしょうか?
どんなやり取りをしたのか、覚えている限り、思い出して「再現」してみましょう。そのやりとりにヒントが隠されている可能性は大きいと思います。

思い当たるところがあったら、すぐ直して、なるべく早く他の企業で試すか、あるいは大学のキャリア支援センターの職員に相談してみましょう。

■エントリーシートの「最初の壁」は、もう一度基礎から見直す
このブログでは、エントリーシートをきちんとまとめ、練り上げる必要があることを繰り返し訴えてきした。

就活を10ヶ月以上続けてきて、エントリーシートが通らない人は、やはり基礎から見直した方がよさそうです。ご自分が書かれている内容を、このブログでご提案している内容に照らして、もう一度最初から再確認してみることが必要ではないかと思います。事は急を要します。

« まだ内定が出ない人の緊急総点検⑧「最後の壁と最初の壁」 | トップページ | 自分を直視する勇気が、内定につながる——平凡社新書『1点差で勝ち抜く就活術』刊行にあたって »

総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52495/55884320

この記事へのトラックバック一覧です: まだ内定が出ない人の緊急総点検⑨まだ「最初の壁」に当たっている人はどうする:

« まだ内定が出ない人の緊急総点検⑧「最後の壁と最初の壁」 | トップページ | 自分を直視する勇気が、内定につながる——平凡社新書『1点差で勝ち抜く就活術』刊行にあたって »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック