« まだ内定が出ない人の緊急総点検⑨まだ「最初の壁」に当たっている人はどうする | トップページ | 無料セミナーを行います! »

2012年10月16日 (火)

自分を直視する勇気が、内定につながる——平凡社新書『1点差で勝ち抜く就活術』刊行にあたって

私は就活コンサルタントではありません。大学研究室に出入りする編集者として学生たちと出会いました。

成蹊大学法学部塩澤一洋ゼミの学生たちは、もの怖じせず、思ったことをずばずばと大人に語り、鋭く質問してくる。素晴らしい。そして面白い。
こちらも真剣に答えているうちに、親しい仲になっていきました。
ある日突然、S君から「エントリーシートを見てくれないか」と頼まれました。
友達から金はとれないな。タダで相談に乗るようになり、そしてそれが、ゼミの恒例となりました。

しかし、最初に学生たちのエントリーシートを見た瞬間、私は強い衝撃を受けました。
私は普段からの付き合いがあるので、彼らの本当の姿を知っています。
彼らは行動力があり、いろいろな経験にどんどん飛び込み、ポジティブで、しかも思慮深い。
なのに、エントリーシートには、なぜか個性を失ったありきたりなことしか書かない。
これでは通らないじゃないか。

膝詰めで、徹底的に彼らの行動とその行動原理、それを動かす価値観を聞きました。
すると、やっぱりたくさん個性的で魅力的なエピソードが出てくるのです。「考える量」が足りなかっただけなのです。
それらを整理し、まとめ、再構成していく「考える方法」を教え、作業にしばらく没頭することになりました。

学生たちは、輝くものを持ちながら、真に自分を語る事実をアピールしていません。なぜか。
「自信がない」のです。あるいは、極度にまわりに気を遣って生きるのがならいになっていて、本当の「自分のよさ」に気づいていないのです。
自分を直視する勇気。それがあるかないかで就活の正否は決まる、そう痛感した出来事でした。


おそらく、エントリーシートで学生を最初に知る企業人は、「学生には個性がない」と思うだろう。また、「就活評論家」を自称する何人かは、そんな学生たちを馬鹿にしています。
しかし、それは一面的な評価でしかありません。私たち著者は、徹底的に学生の側に立って書くことにしました。

自分と相手を分析して、そのマッチングを考え、一緒に「組む」ことでどんなよい効果を生むことができるか。
これは就活に限らず、よりよい仕事や人生そのものを豊かにするスキルだと思うのです。
残念ながら厳しい就活、ならばそこから「生きるすべ」「人生を豊かにするすべ」をつかみ取ってもらいたい。
それが私たち著者の願いであり、本書の真の狙いです。

« まだ内定が出ない人の緊急総点検⑨まだ「最初の壁」に当たっている人はどうする | トップページ | 無料セミナーを行います! »

総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52495/55904272

この記事へのトラックバック一覧です: 自分を直視する勇気が、内定につながる——平凡社新書『1点差で勝ち抜く就活術』刊行にあたって:

« まだ内定が出ない人の緊急総点検⑨まだ「最初の壁」に当たっている人はどうする | トップページ | 無料セミナーを行います! »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック