« まだ内定が出ない人の「緊急総点検」④「私とはなにか」「あなた(企業)とはなにか」を関係づける | トップページ | まだ内定が出ない人の緊急総点検⑥輝ける理想と企業のニーズを合わせるには »

2012年9月28日 (金)

まだ内定が出ない人の「緊急総点検」⑤「私はどんな人間か」がわかっていますか?

Img_0697

 前回、「自分と企業との関係をつくる」ことが、「よい志望動機」をつくることをお話しました。
 そのためには、「自己と他者」のきちんとした理解が不可欠です。

 なかなか内定が出ない、先へ進めない人のほとんどは、「自己の理解」に問題があります。
 たとえば、エントリーシートや面接で、まだ、こんなことを述べていませんか。
 
「ゼミでは副ゼミ長として、みんなが議論しやすいような環境づくりを心がけました」
「アルバイトでは、10人いるアルバイトのまとめ役として、みんなが働きやすいように気を使いました」

 実は、これらは学生が書くエントリーシートのひとつの典型です。
 このような自己PR、自己分析の価値はゼロです。
 過去の〈事実〉、しかも検証や評価が不能の事実はまったく評価されません。
 しかも、たくさんの人が同じことを書いています。そこから頭ひとつ抜けることもできません。
 エントリーシートは通らず、面接でも落とされるでしょう。

 必要なのは、「事実から何を語るか」ということです。
 言葉を換えて言えば「抽象化」です。

 ある行動をした事実。過去の行動を分類し、そこにあなたのどんな〈行動原理〉があるのかを導き出します。
「○○のときは、××する人間です」

 さらに、その行動原理は、あなたの〈価値観〉によって決められているはずです。それを探るのです。

 〈事実〉→〈行動原理〉→〈価値観〉

 とさかのぼっていくことによって、「自分がどういう人間か」が、シンプルな言葉で浮き彫りにされるはずです。

「私はこういう人間です」とは、突き詰めれば価値観を語ることです。

 なお、逆に「価値観」だけをアピールする人もいますが、それもよくありません。
 あくまでも、「事実」からさかのぼり、積極的な裏付けのある価値観を伝えられるようにしましょう。


« まだ内定が出ない人の「緊急総点検」④「私とはなにか」「あなた(企業)とはなにか」を関係づける | トップページ | まだ内定が出ない人の緊急総点検⑥輝ける理想と企業のニーズを合わせるには »

総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52495/55762604

この記事へのトラックバック一覧です: まだ内定が出ない人の「緊急総点検」⑤「私はどんな人間か」がわかっていますか?:

« まだ内定が出ない人の「緊急総点検」④「私とはなにか」「あなた(企業)とはなにか」を関係づける | トップページ | まだ内定が出ない人の緊急総点検⑥輝ける理想と企業のニーズを合わせるには »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック