« 「通るエントリーシート」を書く⑤ 自己分析の深め方 | トップページ | 通るエントリーシートを書く⑦ 体験をどこまで書くか »

2011年12月24日 (土)

「通るエントリーシート」を書く⑥ 「弱み」が、実は強みになる

■成果だけを強調するESはうまくいかない
ESでよくある勘違いは、「実績を書かねばならない」という思い込みです。
他人よりも優れた実績を上げたことを証明しないと、まずい。
他人が書いている要素が自分にはない。まずい。
私は会ったことがありませんが、焦るあまり、事実でないことを書く人もいるのだといいます。
「通るエントリーシート」を書く① 恐ろしい「ES同一病」
でも触れましたが、みながこういう行動原理で動くと、ESは似てきてしまうのです。
ですから、これらの焦りは、まったく意味がありません。

学生時代の体験で、これは他人も経験していないだろうという突飛なものは、そうそうないものです。そのことは、企業もわかっています。企業の採用担当者だって、ほとんどは大学生だったわけですから。
だから、「何をなしとげたか」で、合否が決まるというのは間違いです。
「自分は誇れるようなことを何もしてこなかった」と焦るのは、基本的に意味がありません。前回も書きましたが、「何を考えて、どう行動したか。そこから何を得たか」という経過が大切なのです。企業も、それを聞きたがっているのです。

■弱い人のほうが「強い」
ESの段階を突破して面接に進むと、面接はESの内容に基いて行われることが多いことがよくわかります。そこで、ESがどう見られているか、その評価がわかります。
そこで明らかになる傾向は、「成功体験よりも、失敗の体験を書く人がうまくいっている」という事実です。

なぜでしょうか。
成功の体験を書く人が、その「結果」にこだわるのに対し、失敗の体験をESに書く人は、自分を内省し、失敗の原因を掘り下げ、将来どうすべきかを考えている。そこが評価されるのです。
失敗の体験を書く人は、「失敗しました。えへへ」とだけ書くわけはないですね。「どうして失敗したのか」反省し、「それを糧に、どんな努力をしたか、あるいは、これからどんな職業人になりたいかについても自然に考え、それがESに書けているのです。
一方、実績を争ってしまうと、どうしても「自分がやったこと」をどう伝えるかということに力を入れすぎてしまうのです。そうすると、「順番意識」にとらわれてしまうのです。数百人、数千人いるかも知れない競争相手の中で、自分は何番か、勝ち抜けるかということが、ものすごく気になってしまうのです。
それでは、力は出ません。

ありのままの自分を見せ、自分について深く考えたことを、見せればいいのです。

ある職業高校出身の男子学生は、自己PRに「高校時代の実習で失敗したこと」を書きました。トラブルの時にお客さんにうまく案内ができず、怒りを買った体験を明かし、どのように人を説得し、コミュニケーションをとるべきか。それを考えるために、あえて同級生のほとんどが進んだ職業の道に進まず、大学に進んだと書いたのです。大学ではディベートに力を入れた、と学びの目的をしっかりと明記しました。

このESの評価は、非常に高いものでした。
高校の実習がふつうの人にとっても身近に接するものであったこともあり、面接では必ずこの体験について触れられて、話が盛り上がったといいます。彼は結局、業種の違う2つの企業の内定を得て、じっくり考えた末に、新しい世界に飛び込むという道を選択しました。

「弱みをあえて見せ、それを強みに変えていく」のは、大人でも実は難しいことなんです。しかし、これを身につけておくことは、一生のスキルになると思いますよ。

« 「通るエントリーシート」を書く⑤ 自己分析の深め方 | トップページ | 通るエントリーシートを書く⑦ 体験をどこまで書くか »

エントリーシート(ES)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52495/53556670

この記事へのトラックバック一覧です: 「通るエントリーシート」を書く⑥ 「弱み」が、実は強みになる:

« 「通るエントリーシート」を書く⑤ 自己分析の深め方 | トップページ | 通るエントリーシートを書く⑦ 体験をどこまで書くか »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック