« 東武3050系の拡張運転室、その実際 | トップページ | 鉄道ピクトリアル「東武8000系特集」 »

2015年12月24日 (木)

東武3000系の「中抜き」2両固定

東武3000系は2両固定と4両固定とがあります。
2両固定は上り方からモハ3500+クハ3600、
4両固定は     モハ3100+サハ3200+モハ3300+クハ3400
と付番されています。

更新当初、4両固定が予定されている編成も、モハ3100+クハ3400の2両固定で出場し、営業運転に入っていました(更新当初は違う番号体系の付番でしたが、複雑になるので説明は省きます)。後からサハ+モハの中間車を作って組み込み、4両固定を完成させていました。
これは、当時、高度経済成長で年間10%も乗客数が伸びていた時代なので、4両固定ができあがるまで遊ばせておくヒマがなかったものと考えられます。このような更新のやり方は、3050系、3070系も同じでした。

3000系列は機器配置が2両ユニット単位で、4両固定になるとモハ+サハ、モハ+クハに分かれるのですが、もともと、中間車のサハ+モハを抜けば先頭車のモハ+クハでユニットが組めるようになっています。そこで、野田線の輸送量が増えた昭和52(1977)年から54年にかけて、3000系6両編成を標準とする際に、4両の中間車を抜いて他の4両固定に組み込み6両化し、抜かれた4両固定の先頭車は2両固定とする編成替えが行われました。
Tochi798
写真の3124編成がそれです。中間車を抜かれ、モハ3124+クハ3424の2両固定となりました。モハ3500+クハ3600の2両固定と同じになったわけですが、改番は行われませんでした。
抜かれた中間車は3123編成に挿入され、モハ3123+サハ3224+モハ3224+サハ3223+モハ3323+クハ3423の6両固定となりました。長編成化のため、ブレーキ管の減圧で作動する自動ブレーキの効きが悪くなる対策として各車に電磁弁を搭載、非常ブレーキの際には電磁弁が作動してタイムラグを短くする改良が行われています。

« 東武3050系の拡張運転室、その実際 | トップページ | 鉄道ピクトリアル「東武8000系特集」 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

6両固定+2両の8連とかがあれば壮観でしたが、アーパー線は最大6両でしたっけ?
そういえば来春から柏~大宮に急行登場ってのはホントきゃ?

Cederさん
お返事遅くなりました。
野田線はホーム延長が遅れていまして、70年代終わりに待望の冷房車、8000系が入ったのですが、18メートル6両ぴったりしか有効長がなく、20メートル級は4両以上に増やせない時代が、なんと80年代半ば過ぎまで続いていました。
大宮は先頭にしか改札口がないので、8両にしても意味がなかったでしょうね……。

野田線の急行運転は本当です。大宮—春日部間に限定されますが、6分短縮。これは大きいです。
ようやく輸送量一辺倒から、通勤電車のスピードを商品にするという発想が出てきましたね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東武3000系の「中抜き」2両固定:

« 東武3050系の拡張運転室、その実際 | トップページ | 鉄道ピクトリアル「東武8000系特集」 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30