« 国外逃亡しかかる話 | トップページ | あああ松島や »

2015年5月 9日 (土)

万座温泉、謎のタンク体

連休に、上信越道のほうに出かけました。
Gr015439
横川SAの名物。しかし、下り線は高崎弁当のシマなので、これ。

Gr015440

用をすませて、ふらりと万座温泉に足を向けました。万座・鹿沢口から有料道路をゆきますが、途中白樺林やアカマツ林、硫黄鉱山跡などもあり、くさかるの風景を思い起こさせます。
ひなびたスキー・湯治客向けの旅館で立ち寄り湯をしました。

Gr015512_1
予備知識ゼロで行ったのですが、素ん晴らしいお湯でした。硫黄泉ですがきめ細かい。草津温泉がちょっと暴力的なお湯であるのと大違いです。

Gr015514
旅館でキノコうどんを食べました。丼の右側にぺったりしているのが「ジゴボウ」というふわふわした食感のキノコです。長野と群馬西部でしか食べないのだとか。こういう地域限定のキノコって時々あり、私の田舎の栃木では「チタケ」というキノコを出汁用に珍重し、そのために山で滑落する人も多いのですが、県境を越えて福島の人は見向きもしません。

Gr015535
旅館の近くで、こんなタンク体を見つけました。リベット留めの鋼板製です。

Gr015530
鏡板は平ら。これは、貨車だったんじゃないかなあ?
3軸車タサ500に、似たタンク体を見つけました。プロフェッサー吉岡のページです。
これを見ると、寸法も形状もほぼドンピシャと見えますが、ハッチや安全弁の位置が異なります。このタンクがいつここに来たのかはわかりませんが、ちょうど道路を引いてくるには適当な大きさであり、汎用のタンクである可能性も大きいかも知れませんね。

Gr015541
西武系スキー場のロープウエーの搬器?

Gr015539
万座・鹿沢口駅には常磐線が止まっていました。時代は変わったな−。

« 国外逃亡しかかる話 | トップページ | あああ松島や »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

空釜入れの字がスゴイ!

見れば見るほど味わい深い。

この記事へのコメントは終了しました。

« 国外逃亡しかかる話 | トップページ | あああ松島や »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30