« ひつじ年に寄せて:やまひつじがいた線路の土手 | トップページ | 川の向こうの台湾へ »

2015年1月18日 (日)

正月明けたら(もうひとつの)成田臨:珍しい東武6000系の団体運用

6000_1
(宇都宮線 壬生—野州大塚)

「成田臨」といえば、思い浮かぶのは成田山新勝寺への初詣団体輸送のためにJR成田線を走る臨時列車のこと。でも、知られざる「成田臨」があるんです。

東武でも、沿線各駅で駅長主催団体として成田山参りツアーが募集され、沿線ごとに団体専用列車が仕立てられていました。行き先は牛田。乗客はここで電車を降りて、目と鼻の先の京成関谷で京成が用意した貸切列車に乗り換え、成田に向かいます。帰りはその逆の行路をたどるわけです。

80年代には、たいてい波動輸送用の5700形が使われ、ラッシュの終わった頃に複々線の急行線を力走していました。小泉線発の場合は、増発の余裕がないので、5700形を定期列車として運転、館林まで一般客と混乗させる扱いをしたこともあったようです。

快速用の6000系は当時22編成。日光・鬼怒川快速や間合いの特急連絡列車、山岳夜行列車、日光線新栃木以北の各駅停車などで運用が一杯で、臨時や団体列車に使われることはほぼ皆無でした。

しかし1983(昭和58)年、宇都宮線の駅長募集団体成田臨として運転されたことがあります。

宇都宮線は単線です。出発は朝の通勤時間帯。定期列車の3分後に続行する形でやってきました。昭和40年代は昼間の普通列車にも6000系が入っていることがありましたが、本当に久々に宇都宮線に現れ、「団体専用」の幕で朝陽を浴びて走る6000系の姿に見とれました。東武はもともと予備車を最小限にする会社ですが、6000系は特に厳しく、おそらくは、この日の予備車はゼロだったのでしょう。
結局この年が、宇都宮線からの成田臨の最終運転だったと記憶しています。

もうひとつ、6000系の「修学旅行臨」のお話をしましょう。
東京の小学生は日光への林間学校で日光へ57や8000系を利用します。「林間学校」のヘッドマークは、当時の1学期の終業式である7月20日以降夏休み期間の装着で、それ以前は「たびじ」がついているという、律儀なヘッドマークの運用をしていましたが(笑)、逆方向の話です。

これは栃木市近郊の中学校が奈良・京都への修学旅行をするための集約臨で、新栃木5時過ぎ発、6000系の準急浅草行き定期列車のすぐ後に発車する6両編成でした。これは下り快速用の送り込み回送を利用したものと記憶しています。

われわれ中学生は朝の3時半に学校に集合させられ、宇都宮線沿線の町から観光バスで新栃木駅へ。そこで栃木市内の中学校2校と、車両を分けての乗車。北越谷駅のホームのない側線に停まり、準急を退避したことを覚えています。北千住駅の浅草方にあった予備ホームに7時過ぎに到着、そこから既にラッシュの始まっている千代田線に混乗して大手町。歩いて東京駅へ、そこから新幹線の修学旅行専用列車に乗りました。0系のグリーン車に当たったので嬉しかった記憶が残っています。

復路は浅草から、やはり快速の返しの定期回送列車を利用する形で18時過ぎ発車、20時過ぎ新栃木、ここから宇都宮線の定期列車に乗って最寄り駅まで帰ってきた記憶があります。往復とも、行先幕・種別幕は無表示でした。
この時代の中学校は校内暴力の反動で生徒への締め付けが厳しく、カメラの持参は厳しく制限されました。級友が撮った写真があったはずなので帰省の際に探したのですが、アルバムごと見つからなくなってしまいました。

いまは成田臨自体も、もうなくなってしまったのではないでしょうか。「ミニ国鉄」と言われた東武ですが、こういうところも少しそれっぽいですね。


« ひつじ年に寄せて:やまひつじがいた線路の土手 | トップページ | 川の向こうの台湾へ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
朝の3時半集合?! 修学旅行の父母・引率教員は大変ですね。
関西から九州への修学旅行は30年ぐらい前まで往路瀬戸内のフェリーで別府、帰路新幹線もありました。
私の頃は往復新幹線でしたが。

この記事へのコメントは終了しました。

« ひつじ年に寄せて:やまひつじがいた線路の土手 | トップページ | 川の向こうの台湾へ »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30