« 自治体と鉄道ファンの幸せなコラボレーション「飯田線マニアックス」 | トップページ | モケーは楽し! »

2014年11月28日 (金)

東急7601編成、警戒色外して原形の姿に

おともだちの「イヌゲージ鉄犬」さんからメールが来ました。
「俺のブログを見よ!」
仕事が終わった後、おっとり刀で蒲田駅に駆けつけました。
Gr012016
久々にやってきた夕方の蒲田駅。頭端式の駅のたたずまいは変わりませんが、出入りする車両の顔ぶれはだいぶ変わりました。
30分待って……おお、本当に来た!
Gr012019_2

Gr012023_2

ごてごてした警戒色のレッドとブラックに埋もれていた、本来のデザインが浮かび上がっています。
(これが、とっても長く続いたごてごて時代。この編成はすでに廃車)
Gr006725

時代が、旧5000系「雨がえる」や吊り掛け3000系列から7200系に交代した二十数年前の夕ラッシュの姿に戻ったかのようです。
Gr012026

前面が平らな7000系から、硬いステンレス材料の制約の中で、いかに表情を造り出すかを工夫した「ダイヤモンドカット」と呼ばれる折れ角のついた前面の醸し出す機能主義的な美しさが蘇りました。赤帯のなくなった側面も本来のすっきりした姿を取り戻しています。
Gr012030

素晴らしい!
引退を前にしてのいきな計らいと思いますが、一日も長くこの姿で活躍してほしいものだと思います。
Gr012040

« 自治体と鉄道ファンの幸せなコラボレーション「飯田線マニアックス」 | トップページ | モケーは楽し! »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

ブログ最下位× 再開、ありがとうございます!
コレでFBを見なくて済みます!
首尾よくご覧になれてよかった~!
カッコいいよね~~!

五島慶犬さま
情報ありがとうございました!
粘るほど飲みに遅れる、というジレンマがあったのですが、せっかく励ましてくださったのだから、と思って待ちました。20時ぐらいには入庫してしまったらしいので、ラッキーでした。今後ともよろしくお願いします!

昨夜はお疲れ様でした&ブログ再開おめでとうございます。TQ歌舞伎密かに大好き!とういうまるで隠れキリシタンのようなマイノリティでありますが、なにしろ長生きして欲しい名車という思いは同じですね。

Cedarさん、いらっしゃいませ!
新しいエントリでご紹介しましたが、Cedarさん物腰からモケーに至るまで、都会的なセンスが横溢していてシビれました。
TQ歌舞伎が始まった時代は、国鉄民営化や第三セクター開業など、新しいカラーが氾濫した時代でしたが、思えばはっきりとしたデザインコンセプトとアメリカ志向をもつ塗色ですね。コルゲートいっぱいのステンレスカーは東急沿線の風景になじみます。
ブログは前から拝見しており、映画紹介のファンです。今度お邪魔します!

この記事へのコメントは終了しました。

« 自治体と鉄道ファンの幸せなコラボレーション「飯田線マニアックス」 | トップページ | モケーは楽し! »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30