« エラボーとはどんな万年筆なのか | トップページ | エラボーが動画のように使えない、という意見について »

2012年11月12日 (月)

エラボー(ファルコン)でカリグラフィをするとどうなるか

R0012077

エラボー細字(SF)を使った、S先生による筆跡

私自身はカリグラフィの素養がない。

というわけで、最初に動画の情報を寄せて下さった、S大学のS先生の研究室にエラボーの細字と中字を2本持ち込んだのである。

S先生とはshio先生のことである。写真やMacや筆記具がお好きな読者には、ご存じの方も多いのではないだろうか。ブログを見ると、最近帽子を被ってスカしておられるようだが、カリグラフィもなさるのだ。

S先生がカリグラフィに向いていると判定されたのは、細字のほうであった。それも当然で、細い線から力を入れての太い線まで自由自在に書けるからだ。

S先生がカリグラフィを離れて「書きやすい」と評価されたのは、私がふだん仕事で使っている中字のほうだった。こちらはインクフローが申し分なく、力を入れずにすらすらとストレスなく書ける。しかし細字ほど細い線が出ないため、カリグラフィには向かないのである。

ただ、今回の試筆では、私の持って行った個体があまりよろしくなかった。ペン芯に漆を使った最初期形で、インクフローがよろしくなく、あまり使っていなかった。S先生が「人の使っている万年筆に変な癖をつけたくない」と配慮してくださったので、「では調整に出すつもりのものがあるから」と持参したのだが、やはりペン先に力を入れ、ニブを広げるとインクが流れなくなってしまう。動画のように書けるか、本来の評価は仕切り直しとなった。

R0012084_1
こちらは中字(SM)で力を入れない筆跡。

« エラボーとはどんな万年筆なのか | トップページ | エラボーが動画のように使えない、という意見について »

文具」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エラボー(ファルコン)でカリグラフィをするとどうなるか:

« エラボーとはどんな万年筆なのか | トップページ | エラボーが動画のように使えない、という意見について »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30