« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月10日 (水)

過去の産業遺産保存で、未来志向の世界が拡がる。(大井川鐵道SLフェスタ)

R0011167_1

(GXR A12 28mm・許可を受けて撮影しています)

大井川鐵道新金谷駅の改札脇にある「This is Cafe」で、抹茶ラテに絵を描いてもらった瑛梨さん。待合室でみんなで絵を見ていたら、中年男性が声をかけた。

「写真を撮ってもいいですか?」

ラテに描かれた絵の写真を撮ったその男性は、次にこう言った。

「私は中国人です。中国の宋の時代では、お茶の表面に絵を描くという技法があり、いま、それを再現しようと研究が行われています」

宋代のお茶は抹茶である。当時、どのように絵を描いていたのかが今ひとつわからず、試行錯誤が続いているのだそうだ。日本の茶道でするように、泡立てた抹茶に絵を描くのだろうか?

声をかけてきた人は、曹建南と名乗った。

曹先生は、上海師範大学の副教授。大阪の国立民族学博物館に客員研究員として滞在しながら、各地を実地に足で歩いているという。日本でいえば、フィールドワークを重視し、やはり自分の足で歩いた宮本常一のような民俗学者ということになるのか。東海道線島田駅前に立つ栄西像(留学先の宋から茶を伝えたと言われている)を観て新金谷駅にやってきた、これから金谷の町の背後にそびえ立つ牧ノ原台地の上にあるお茶の博物館「お茶の郷(さと)」に行くのだという。

R0011189
曹建南先生のフィールドワークスタイル。使われているノートは、コクヨの「測量野帳」だ。私も大好き。(GXR A12 28mm)

さらに曹先生と私、そして茶娘の「おねえさん」たちは、尖閣問題についての意見を交換した。その詳細はここでは控えるが、両国の報道や、ネットで声が大きな意見とは違う方向になったとだけお伝えしたい。私自身は、

「両国の抱える問題性は、ずいぶん似ているところが多いな」

という印象を持った。曹先生は、自分の日本についての論文が、中国の学術雑誌に載せられる予定だったのが尖閣問題のせいで延期されてしまった、と笑っていた。

曹先生に白井氏を紹介した。

「日本で産業遺産の意義を認め、保存・活用を手がけたパイオニアであり、大井川鐵道に蒸気機関車が保存されているのは、白井氏の仕事である」

産業遺産、という言葉がわからないようなので、彼のノートに字を書いて説明した。

すると、曹先生はこう問うたのである。

「古いものを保存するのはいいが、ものだけなのか。保存対象に宿っていた精神まで保存することは考えないのか」

待ち望んだ質問だ。

「運転技術、保守技術も合わせて保存することで、初めてSL保存は続けることができる。これは、〈近代の精神〉を保存していることにほかならない。また、大井川鐵道では、SL列車の乗客と沿線住民とが互いに手を振り合うことで、近代文明の象徴である蒸気機関車に当時の人たちが抱いた憧れや、昔ながらのコミュニケーションの方法が保存されているのです」。

「中国でも、古い機械などを保存し、その技術を継承することで、世代間のコミュニケーションギャップをなくそうという狙いの政策が行われています」

なるほど、そんなことが。いま中国の歴史教育は、領土問題や日中間の歴史認識に限って伝えられるが、これは新しい角度の情報である。社会の統合を世代間の結合を強めることで確保しようという政策だろう。尖閣問題の裏には欧州金融危機をきっかけとした中国経済の大きな曲がり角があることを考え合わせると興味深い。

中国では最近、大規模な鉄道博物館の整備が相次いでいるようだが、その意味はここにあったのか。「上から号令をかけて産業遺産への理解を深めさせる」という浸透力は、いまの中国社会でどれほど発揮されるのだろうか。

R0011181
SL列車発車。お互いに手を振り合う。(GXR A12 28mm)

ちょうどこの日最後のSL列車が発車。曹先生と白井氏と見送った。

曹先生の専攻は中国の土俗宗教で、このテーマの論文発表には苦労もあるようだった。私も石仏研究家だったこともあるので、情報交換を約して、曹先生は金谷行きの電車に乗って行かれた。

旅行者と地元の人と、そして外国の人との新しい出会いがあり、産業遺産の話のみならず、未来志向の話もできる。これらはみな、蒸気機関車の動態保存という、産業遺産の保存、そして、This is Cafeの、ラテの泡でSLの絵を描くという、新しいカフェ文化の提案をきっかけに拡がった世界なのだ。

大井川鐵道に来て、人と話をすれば、こんな体験をすることができる。
産業遺産保存は、未来志向なのだ。

話はこれで終わらないた。
東京に戻ってから、曹先生の「もうひとつの実績」を、私は発見したのだ。
なんと、曹先生は、『電車男』の中国語訳者のひとりだった。

これにはさすがに驚いた。
現代に生きる民俗学者の面目躍如である。見習わなければ。

2012年10月 9日 (火)

大井川鐵道新金谷駅に、新しいカフェ文化生まれる

いま、あちこちで新しいカフェ文化が生まれている。

たとえば、東京スカイツリー周辺の墨田区一帯。ものすごく旨いコーヒーを出すカフェが増えている。それも、スカイツリー周辺に集まっているのではない。路地裏など生活に密着したところにぽつぽつと出店しているのだ。

店主の多くは、銀座などで店を出し、コーヒーを淹れていた人たち。この界隈の成長性を見込み、空き店舗を利用して出店コストを抑えられるメリットにも着目した。また、地元の町工場経営者や家族が、廃工場を利用してカフェを開いているのも散見される。ただのカフェではなく、おしなべてコーヒーのレベルが高い。もともと高齢化しているこの地に受け入れられるか、スカイツリーの観光客が回遊してくるか、これからが正念場である。

さて、なぜ、こんな前置きをしているかというと。
大井川鐵道新金谷駅に、すばらしいカフェができていたからだ。

R0011731
昭和3年に完成した大井川鐵道新金谷駅舎。2階に本社を置く形式の木造駅舎は、地方私鉄でよく見ることができた。本社ではないが長野電鉄湯田中駅が同じ造りだ。東武野田線野田市駅も、前身の総武鉄道の本社が2階にあった時代を今に伝える。(リコーGXR Mount A12 SWH15mm)

R0011725_1
なんの変哲もない地方私鉄の改札口。しかし、その右隣が改装されていた。(GXR A12 28mm)

R0011727
この2月にオープンしたThis is Cafe。蔵の扉を思わせるような引き戸をごろごろと開けると、中はカウンター中心のカフェとなっている。(GXR A12 28mm)

R0011133
内部はこんな感じ。白井氏とコーヒーを飲んでいたら、SLフェスタ開会式のステージで茶娘踊りを披露した茶娘姿の「おねえさん」たちが、コーヒーを求めてどやどや入ってきた。時ならぬ、お茶とコーヒーの出会い。(GXR A12 28mm)

R0011157
ブレンドは厳選したスペシャリティコーヒー。目玉は、店主の富田圭さんが絵を描いてくれるカフェラテだ。小さな茶娘は「豆茶」と呼ばれている。絵をリクエストした小学生の瑛梨さんがじっと富田さんの手先を見つめる。ここはお茶の大産地。その真ん中に、本格的コーヒー店が生まれたのだ。(GXR A12 28mm・許可を得て撮影しています)

R0010536
「SLラテ」は、泡で作った煙に、機関車のシルエットと「OIGAWA RAILWAY」のロゴがカカオの粉で入る。お客と顔をつきあわせながら作った後は、新金谷駅の模型の前で記念撮影というイベントが。これは新しい体験だ。SL列車への持ち込みもできる。(GXR A12 28mm)

SL保存を日本で最初に始めた大井川鐵道。事業の立役者、白井昭氏は、「線」の鉄道の運賃だけでなく、土産物、飲食、宿泊など「面」で収入を得るべく多角化を図った。列車の中で食べる「SL弁当」を作っている「大鉄フード」は、地域になかった弁当製造・販売業としても成功した例だ。

保存鉄道40年の蓄積は、前のエントリでご紹介した、「SL列車に向かって手を振る」「古い駅舎や里山を一体の風景として保存する」など、さまざまな沿線文化を生んでいる。それらと経済が結びつくこと。これが、保存鉄道、ひいてはローカル鉄道全体の生き残りに不可欠だ。

This is Cafeは、久々の「新提案」。アトラクティブなコーヒー文化は実に興味深い。地方の特産を活かしたまちおこしはどこでも取り組んでいるが、ユニークさからブランドと化したものはごくわずかしかない。ぜひ、これが「名物」となり、カフェのために新金谷駅に人が集まるようになるといい。

そして、そこからさらに、新しい文化を。

2012年10月 7日 (日)

大井川鐵道「SLフェスタ」、その隠された2つのテーマ

5日から8日まで、大井川鐵道で第2回「SLフェスタ」が行われている。

初日の開会式を見に出かけてきた。

5日は金曜日の平日。島田市は、地域独自の休日を作って家族でふれあう時間を作ろうという趣旨の、観光庁の「家族の時間づくり」プロジェクトに参加、市内の学校を休日とし、SL列車に親子無料招待などのイベントを組んでいる。会期のうち5日は、「地元市民のためのフェスティバル」なのだ。
全国で「地域に眠る観光資源でまちおこしを」、という試みが行われているが、地元に認識を浸透させようというアイデアは素晴らしい。開会式では、「より地元のイベントになった感じだ」という声が聞かれた。

R0011099_1
新金谷駅転車台近くで行われた開会セレモニーには、親子連れを中心とした島田市民が詰めかけた。(リコーGXR A12 28mmF2.5)

写真下中央のスーツにネクタイの人は、新金谷から6つめの山間の駅、福用駅周辺がエリアの、北五和自治会会長の鈴木曠雄(あきお)さんだ。福用は通過駅だが、鈴木さんは自治会長になって以来、「SL列車に手を振ろう」と呼びかけている。遠来の客をもてなそう、という気持ちの表れで、福用に限らず大井川鐵道沿線では、地元の人と乗客が手を振り合う光景がそこここで見られる。

SLフェスタの隠れたテーマは、実はここにある。地元の人に大井川鐵道の価値を深く認識してもらうことで、観光資源として「愛してもらおう」というのである。8日までの期間中、福用付近では北五和自治会の人びとが「お茶」をイメージした萌葱色のハンカチを振っている。

開会イベントでは、「C11270号の70歳を祝うイベント」が行われた。体験乗車に集まった子どもたちが、SL機関士に記念ヘッドマークと、燃料の石炭をプレゼントした。
Dsc_0033
子どもたちから渡されたヘッドマークを掲げるSL機関士。電車運転士を兼ね、ローテーションで乗務している。ヘッドマークの右は川根本町の佐藤公敏町長、左は大井川鐵道の伊藤秀生社長。(ニコンD300 18-70mm f/3.5-4.5G)

もともと過疎地域を走っている大井川鐵道は、昭和40年代、ラワン材の輸入に押されて林産資源の鉄道輸送が激減し、経営危機を迎えた。その起死回生策として考えられたのがSLの動態保存運転だ。昭和17年新製以来北海道で働き続け、釧路機関区標茶派出所で廃車になったC11227は大井川鐵道で第二の人生を得て昭和51年から走り始めた。いまや大井川鐵道は観光鉄道として成り立っている。

蒸気機関車の動態保存を発案し、そのC11227を廃車された5両の機関車の中から自ら選んできた白井昭元大井川鐵道副社長は、会場から少し離れた、新金谷駅前のSL列車待合所の「プラザ・ロコ」にいた。

R0011066
駅近くの東海道を通った朝鮮通信使について研究、この日が解説看板のこけら落とし。パンフレットを手にする白井昭氏。その人生を追ったヒューマン・ドキュメントが『鉄道技術者 白井昭』だ。(リコーGXR A12 28mmF2.5)

大井川鐵道のSL保存を実現させた白井氏は、日本の産業遺産保存の草分け的存在である。もともと名古屋鉄道の技術者だった白井氏は、乗客が最前部に座って前の景色を展望できるパノラマカーや東京モノレール開通時の車両設計を主導、さらに名神高速道路養老サービスエリアの企画にも関わった高度経済成長時代の〈申し子〉。しかし昭和44年に大井川鐵道に出向。今度は経営者として保存鉄道化で鉄道の生き残りを成功させた。

白井氏は、ただ古い鉄道車両を保存して人寄せパンダにすることをよしとしない。SL保存も、運転技術や補修の技術、部品製造の技術や設備までを産業遺産ととらえ、丸ごと自社で保存を図った。だから大井川鐵道には、全国のSL保存を行っている鉄道から技術的なアドバイスを求められる。SL保存を36年続けられた背景には、このような努力があるのだ。

経営をリタイアしてからの白井氏は、大井川鐵道沿線にある水車や水力発電所などの鉄道以外の産業遺産、そしてそれを支える文化の研究に打ち込んだ。白井氏が住まう借家のすぐ近くには旧東海道の大井川の川越しがあり、川止めのたびに金谷宿は賑わった。白井氏は地元の歴史研究団体「金谷川越しの会」に参加し、旧家の保存運動や川越しの歴史の発掘に熱中している。

その中で発見されたのが「朝鮮通信使」の史料だ。朝鮮半島からの友好施設は室町時代から江戸時代にかけて10回来日し、江戸時代になると大阪に上陸して東海道を江戸に向かった。きらびやかな民族衣装をまとった一行が金谷宿で休憩し、食事を提供した記録が残っていたのだ。
埋もれていたこのような史実を知ってほしい。白井氏は各方面に働きかけ、島田市がプラザ・ロコに看板を設置し、解説パンフレットを置くところまでこぎつけた。SLフェスタと同時に、こけら落としが行われたのである。

Dsc_0100
「金谷川越しの会」のメンバーとともに、島田市の桜井勝郎市長に説明する白井氏。(ニコンD300 18-70mm f/3.5-4.5G)

白井氏は大井川鐵道時代にスイス・ブリエンツ・ロートホルン鉄道と台湾・阿里山鉄道と姉妹鉄道関係をつくり、他国の鉄道と行き来することで保存鉄道の技術や経営を教え合い、市民ぐるみの交流に発展させることで、ひいては鉄道の存続をもにらんだ戦略とした。地方生き残りのために国際交流は不可欠。朝鮮通信使の歴史を広く知らせたいのも、そんな考え方の延長なのだ。

島田市は中国・湖州市やスイス・ブリエンツ町など5つの都市と姉妹都市関係を結び、現在は阿里山鉄道の走る台湾・嘉義市や韓国・東豆川(トンドゥドゥチョン)市との関係づくりを模索している。
 SL列車に乗車前に、朝鮮通信使説明板のこけら落としに訪れた桜井島田市長に聞いた。
——尖閣・竹島問題で日中・日韓関係が揺れているが、自治体交流、自治体外交についてどう思いますか。
「国として、言うべきことはちゃんと主張しなきゃなりません。しかし、地域交流は別です。なぜなら、都市同士は絶対に戦争にならない。だから友好関係を途切れさせないことが、ひいては国益にもつながる。8月に少年野球チームが友好試合で韓国遠征をしましたが、韓国で竹島問題を持ち出す人はいませんでした。どんどん友好を進めていきます」

 白井氏の、鉄道生き残りのため、さらに歴史を発掘することで国際交流を進めたいという思いと、島田市の国際交流の多極化が、朝鮮通信使の説明版の前で響き合い、地域がより豊かに、したたかに生き残っていくための戦略の一端が見えた。そう感じたSLフェスタのひとこまだった。

Dsc_0111
記念撮影。中央左は島田市の桜井勝郎市長、左端はこの説明板設置に尽力した島田市議会の仲田ゆう子議員。阿里山鉄道を縁にした台湾・嘉義市への訪問団団長も務めた。(ニコンD300 18-70mm f/3.5-4.5G)

2012年10月 5日 (金)

地元のまちづくり意識を高める大井川鐵道「SLフェスタ」5日〜8日

Untitled

日本で一番最初に蒸気機関車の動態保存運転を始め、日本で唯一SL列車が毎日走る大井川鐵道で、5日から、第2回となる「SLフェスタ」が行われる。

期間中はSL重連運転やさまざまなイベントが行われるが、何といってもこのフェスタの特徴は、地元の島田市と川根本町が主催し、地元の人向けに、観光資源であるSL列車、そして大井川鐵道の価値を認識してもらおうということにある。

Untitled
大井川鐵道の特徴は、客車も含めて極力SL現役当時の時代を保存し、運転技術や整備の技術も自前で蓄積してきたところにある。それを主導してきた技術者・経営者の、波乱万丈のストーリーをまとめたのが、『鉄道技術者 白井昭』(高瀬文人著、平凡社)

もともと、この沿線の人は、「SL列車に乗りに来る人たちをもてなそう」という気持ちが強い。だから、沿線の茶畑や道路などから盛んに手が振られ、列車の乗客と手を振り合う光景がそこここで見られる。鉄道の楽しさ、旅の原点が、大井川鐵道にはまるごと保存されているのだ。

Untitled
偶然写した、茶畑から手を振る人々。この写真から畑の持ち主を割り出して訪ね、SL列車に手を振るのはなぜかを聞いたエピソードは、本にも書いた。

Untitled
SL列車が通過する福用駅で、手を振る北五和(きたごか)自治会の人びと。SLフェスタでも福用付近では何かあるはず。

大井川鐵道はJR東海道線金谷駅から大井川をさかのぼる。もともと金谷町、川根町、川根本町を通っていたが、金谷町と川根町は島田市と合併する。

もともとの島田市民からすると、金谷は大井川の対岸であり、大井川鐵道はなじみが薄かった。そこで、大井川鐵道が島田市全体の観光資源であることを、さらに市民に認識を深めてもらうために企画されたのがSLフェスタだ。つまり、SLフェスタは観光客向けのイベントだけではなく、地元の人たちに楽しんでもらいながら認識を深めてもらおうという、珍しい試みなのである。

規制緩和を利用して、島田市は5日(金)、市内の学校を休日とする力の入れようだ。

私も5日の朝だけ、ちょっと顔を出してくる予定。

ところで、SL列車の始発駅・終着駅である新金谷駅の中に、素晴らしいカフェがオープンした。コーヒーの味はもとより、まちづくりのヒントとしての示唆が非常に大きいので改めて取材してご紹介したいと思うが、SLフェスタに行かれる方は、ぜひ立ち寄ってほしい。こんなに本格的で、楽しい「SLラテ」が飲める。ぜひ。

Untitled

2012年10月 3日 (水)

リコーGXR「数え方教室」

Untitled
(東京駅八重洲口。リコーGXR Mount A12+フォクトレンダーSWH15mmF4.5)

このブログに使っているのは、いつも持ち歩いているリコーGXRというカメラだ。 小さなカメラ1台で、ほぼ何でも撮れる。何にでも使える。 もっとも、何をもって1台というのか、非常に迷うカメラだ。 きょうは、そういう倒錯した話である。

Untitled
大きめのコンパクトカメラという風情。GXRは、持ち運びが大変楽なカメラだ。 しかし、左にごろん、としているレンズのついた箱は何なのか。 これは「カメラユニット」なのである。

Untitled
(A12 50mm/F2.5MACRO)

10月1日に公開された、東京駅丸の内北口のドーム内部。まるで大伽藍のようだ。

GXRは、そのレンズ固有のチューニングを施した撮像素子を固定した「ユニット」単位になっていて、それをシャッターボタンやダイヤル、液晶モニタやストロボのついた「本体」に差し込んで右の状態にすることで写真が撮れる。右は「GR LENS A12 28mm/F2.5」と称する、左は「GR LENS A12 50mm/F2.5MACRO」という、それぞれ広角と標準の単焦点レンズを固定したカメラユニットである。いわゆるミラーレスカメラや一眼レフカメラは1つの撮像素子に対してレンズを交換するので、レンズごとに撮像素子が用意されるGXRはぜいたくだと言えるし、経済的でないとも言える。

カメラユニット2つ。だから、考えようによっては、この写真には2台のカメラが写っていることになる。

Untitled
カメラユニットを外した「本体」は、こんな板っきれである。これだけを「カメラ」と呼ぶにはやはり抵抗がある(私は「持ち手」と呼んでいる)が、カメラユニットと本体を合わせなければ、普通のカメラの機能は果たせない。板にはレールが取り付けてあり、カメラユニットとかみ合わせてスライドすることで、パチンと本体にはめ込まれる。感触はなかなかよく、剛性感もしっかりとしている。

Untitled
(A12 50mm/F2.5MACRO)

「レンズに最適な撮像素子のチューニング」を謳い、あえて1200万画素に画素数を抑えただけあって、写りは大きな一眼レフと巨大なレンズの組み合わせにひけをとらず、実に素晴らしい。ネギのシャキシャキ感と、ねっとりした煮込みの油の膜を見てほしい。もっとも、この森下「鳥長」の鶏煮込みも素晴らしいのだが。

これらのカメラユニットの不満点のひとつは、単焦点2種類、ズーム3種類ラインナップされているのに含まれない画角のレンズを使えないということであった。私は、28ミリよりももっと広角のレンズを使いたかったのである。

すると、リコーはすごいものを出してきた。「Mount A12」である。

Untitled
これは撮像素子とライカが使っているMマウントをセットにして、ライカMマウントのレンズ交換ができるようにしたユニットである。ライカ遣いや、フィルム時代のレンズをたくさん持っている人は狂喜乱舞した。

28mmよりもっと広角の画角がほしかった私はまず、コシナが出しているフォクトレンダーSHW15mmF4.5という、35mm版でいえばかなりの超広角レンズをつけた。

Untitled
撮像素子はAPS-Cという35mmフィルム(デジカメでは「フルサイズ」)よりも小さなサイズのため、22.5ミリ相当の広角レンズとなる。

Untitled
コントラストが高く、パキパキに写るレンズだ。こんなパースペクティブの効いた、独特の絵が撮れる。残念ながら片ボケ傾向があり、メーカー保障で点検・修理してもらうべきか悩みながら使っていたら、道路に落としてしまった。いずれにせよ自腹を切らなければならなくなった。

デジカメ、特にミラーレス時代になって、様々なメーカーのレンズをアダプターを介して使う遊びが流行っている。これは、中国のKIPONというメーカーが出している、ニコンの一眼レフ用マウントをライカMマウントに変換するアダプターだ。要するに、機械加工で精度を出した輪っぱでレンズとユニットをつなぐのだ。

Untitled
KIPONは3月に横浜で行われたカメラと写真のイベント「CP+」に初出展を果たした。

Untitled
(A12 28mm/F2.5)

CEOはこんなお兄さんだ。彼はアメリカで異なるメーカーのレンズをつけて楽しむ写真ファンが多いのを見て、日本やヨーロッパでも流行ると踏み、さまざまなアダプターを開発した。その狙いは大当たりした。

Mount A12には思わぬ副産物があった。既存のカメラユニットよりもタイムラグが大幅に短いのだ。

GXRは動きモノの撮影が苦手であった。たとえば、50mm/F2.5MACROを使って、タイムラグを少しでも短くするためにフォーカスをマニュアルにしても、このような残念な写真しか撮れない。

Untitled
ところがMマウントユニットだと、機構がシンプルなのでかなり速い。いわゆるミラーレスカメラでは、液晶に像を映すタイムラグはどうしてもあり、直接レンズで結んだ像を見られる光学ファインダーのついた一眼レフにはかなわない(光の速さより速いファインダーは存在しない)が、Mマウントユニットを使うとかなりうまくいく。

この例ではレンズが50mmよりも長い望遠レンズを使っており、見かけの速度が遅いので簡単には比べられないが、その点を差し引いても、走ってくるものをファインダーいっぱいに収めた作画がきちんとできるようになった。

Untitled
(ニッコール135mmF2.8)

もっと面白いのは、明るいレンズをつけたときだと気づいた。シグマ24mmF1.8。

Untitled
APS-Cでは36mm相当になり、ニコンD300につけて結婚式写真を撮っていたが、その予定が一巡して、持て余していたのである。GXRにつけるとレンズのお化けのようだが、これが面白い。

Untitled
開放値が1.8と明るいので夜でもシャッタースピードが稼げ、夜景の撮れる範囲が拡がった。絞り開放では紙のように薄いピントとなり、それ以外がきれいにぼけるのだ。さらに、手動のピントが合っていることを、液晶画面に銀色のエッジを表示して知らせる「ピーキング」が、実にはっきり見え、ピントが合わせやすい。結局、手放せないレンズとなった。

Untitled
明るいレンズは収差やゴースト、フレアなどの問題をかかえる。この写真は、それを逆手に取って、照明の光をふんわりと見せたもの。シャープに結像しているタワーとのコントラストが面白い。

Untitled
「TOKYO STATION VISION」も、このレンズの開放で撮った。

Untitled
上映時に、隣の親子をとらえたスナップ。明るいレンズならでは。

お父さんの背中で見た、光とCG技術のページェント。大人になってこの赤レンガ駅舎を足早に歩く君は、この晩のことを思い出すだろうか?

翌日は、正面から撮ろうと思った。

Untitled
行幸通りに設けられた観覧スペースから。私の前には間違いなく1000人以上の人がいる。

この撮影に使ったのは、ニッコール80-200mmF2.8のズームレンズ。GXRにつけると、こうなる。

Untitled
レンズのお化け以外の何物でもないと言わざるを得ない。しかし一眼レフのミラーが上下する振動がないので、夜間の手持ち撮影には有利と見たのだ。

Untitled
そんなわけで、1台でさまざまな用途に使えるリコーGXR。工夫を考えるのも楽しい、手放せない「相棒」である。しかし、こうやって並べてみると、はたして何台あるのかわからない。28mmと50mmはカメラユニットだが、MOUNT A12はカメラユニットと言わないし。本体とカメラユニットをばらしたら、どう数えるのか?

いま、GXRシステムは安く手に入る。私も、長い修理に出しているときに、あまり安いので、中古で板っきれの「本体」を1枚増やしてしまった。これが、実に便利なのであるが、2台に増えたというのか。

ああ、謎は深まるばかりである。

まあ、私は、これ全部で1台しかないと思っているが。

2012年10月 1日 (月)

東京駅復原完成!記念「古いものツアー」

Untitled
本日10月1日、東京駅丸の内駅舎がグランドオープンを迎えた。復原された北口・南口ドームの幕が取り払われ、改札ホールからドーム内部を見渡せるようになった。

Untitled
とにかく壮麗。

Untitled
改札ホールから見上げるとこんな感じ。

Untitled
見物客でごった返す改札ホール。みんなカメラや携帯を上に向けている。

Untitled
工事で長らく立ち入り禁止だった駅舎前も開放された。

Untitled
南口ホールの中段(2階)回廊は、東京ステーションホテルの廊下にもなっている。

さて、せっかくなので、東京駅に残り、手軽に見ることができる「歴史的事績ツアー」に出よう。出発は丸の内南口ホールから。まず、券売機で入場券を買うが、まず、券売機の左側から、すでにツアーは始まっている。

■原毅首相遭難現場
Untitled
最初はテロルの事績である。東京駅開業7年後の1921(大正10)年11月4日、「平民宰相」原毅内閣総理大臣は、床のタイル○印の地点で刺殺された。

■今に残る開業当時の鉄柱
次に改札を入り、山手線・京浜東北線北行ホームの4番線側から向かいの5番線を見る。
Untitled
緑色の鉄柱が残り、架線を吊るのに使われている。開業時のもので、丸い飾りがおしゃれだ。

Untitled
望遠レンズで拡大すると、擬宝珠(ねぎ坊主)がついていることがわかる。

■アカンサス装飾のついた鋳鉄柱
さらに山手線・京浜東北南行の5・6番ホームに上がる。南側のホーム屋根の柱に、鋳鉄製の飾りがついている箇所がある。
Untitled
植物を思わせるこの模様は、アカンサス(葉あざみ)。古代ギリシャ建築の装飾に使われている。

Untitled
これは日本橋にある三井本館の柱の上部。同じアカンサスの模様だ。

Untitled
このように、屋根を支えている。東京大空襲で木造の屋根は焼失したが、鉄の柱は残り、再利用された。

今度は中央通路の階段を下り、新幹線改札口に向かう。東海道新幹線の改札に上がる階段の手前に、それはある。

■浜口雄幸首相遭難現場
Untitled
また、テロルの現場。1930(昭和5)年11月14日、岡山の陸軍大演習に向かうため第4ホームを歩いていた浜口雄幸首相は銃で狙撃された。それが、写真の丸い鋲が打たれている地点。浜口は大恐慌に対して緊縮財政や金解禁を行った政治家。

Untitled
振り返るとこういう場所。下中央やや右に鋲が打ってある。この階段を知っている人は多いと思うが、こんな事績があるとは知らなかったでしょう。

では、東海道新幹線の改札口に入ろう。最初に入場券を買う意味がここにある。在来線の切符ではこの先に行けないからである。
Untitled
改札を入って中央通路突き当たりの壁に、プレートが埋め込まれている。

■東海道新幹線完成記念プレート
Untitled
「この鉄道は日本国民の叡智と努力によって完成された」と、純国産技術である新幹線を誇るプレートの碑文は、当時若干の物議をかもした。これについては後で別のエントリで触れたい。

そのまま18・19番線ホームに上がり、大阪方面のホーム先端を目指す。

■十河信二記念碑
Untitled
新幹線建設の道筋をつけた国鉄総裁の記念碑。

Untitled
十河の視線は、新幹線列車の出入りを見守っているかのようだ。

Untitled
八重洲中央口改札から外へ出て、八重洲口から振り返る。鉄道会館(元大丸)跡には、6階の高さに大屋根が作られる予定で、その工事が行われている。

今日は暑い。だいぶ歩いた。八重洲南口を八重洲ブックセンターに向けて渡ると北海道のアンテナショップがある。そこでソフトクリームを食べようと思って入ったが、なにか注文を間違えてしまったようだ。
Untitled

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30